アトピー性皮膚炎の改善

青汁の健康効果

アトピー性皮膚炎の改善

アトピー性皮膚炎には、ダニが発生しやすい環境、大気汚染、食生活の欧米化などがあります。

中でも食生活は、野菜や魚介類が中心の和食から、肉類や乳製品の多い洋食に変わっています。
また、最近では加工食品も増え、人工的な食品添加物の摂取が増えています。

動物性の脂質を大量に摂取すると、アレルギー症状を起こしたり、生活習慣病になりやすくなります。
アレルギーは、免疫機能が正常に働かなくなり、体内に侵入した細菌や化学物質に反応して、自分自身の細胞を攻撃するために起こる症状です。

青汁の原料であるケールには、抗酸化作用や免疫調整機能のある多糖類・ポリフェノール・フラボノイドが豊富に含まれているので、アレルギー症状の改善に効果があるとされています。
ある実験によると、1ヶ月間毎日青汁を飲んだ結果、2週間目から、皮膚の乾燥やかゆみ、赤斑などの症状が改善されたそうです。

アトピー性皮膚炎は、食生活の影響を多く受ける病気とされているため、まずは青汁を飲むことから治療を始めてみるのも良いでしょう。

あわせて読みたいコンテンツ

copyright 2011-2014 aoisiru.com(青い汁ドットコム) All Rights Reserved.