ケールの栄養素

青汁の健康効果

ケールの栄養素

ケールは、南欧原産の野菜。
キャベツの原種であり、アブラナ科に属します。
葉の長さは約50センチ、幅は約30センチもあります。

生命力が強くて葉は厚くて硬く、色は青黒いのが特徴。
青黒い原因は、葉緑素が多く含まれているため。
ビタミンA、ビタミンCもたっぷり含まれています。
味には独特の苦味があります。

ケールに含まれているビタミン量は、キャベツと比べると、以下のように飛び抜けて高くなっています。

ビタミンA:約58倍
ビタミンB1:約1.5倍
ビタミンC:約2倍
カルシウム:約3倍
鉄分:約3倍
ナトリウム:約2倍
カリウム:約2倍
マグネシウム:約2倍
リン:約2倍
亜鉛:約1.5倍
食物繊維:約2倍

そのため、ケールの青汁を毎日3回(1回100ミリリットル)飲めば、不足している栄養素を完全に補えるので、完全食品とも呼ばれています。

あわせて読みたいコンテンツ

copyright 2011-2014 aoisiru.com(青い汁ドットコム) All Rights Reserved.