薬やサプリメントとの違い

青汁の健康効果

薬やサプリメントとの違い

日本人は比較的、薬が好きな人が多い傾向にあります。

病院やお医者さんへ行けば、たくさんの薬が処方されます。
疲れたら栄養ドリンクを飲んだり、野菜不足になったらビタミン剤やサプリメントを飲んだり、胃腸の調子が悪くなると胃腸薬を飲んだりします。

ビタミンやミネラルは、たくさんの種類のサプリメントが市販されています。
毎日、たくさんの種類を飲んでいる方もいるでしょう。

しかし、サプリメントを飲んでいれば健康になれるというのは間違いです。

サプリメントには、石油やブドウ糖などから合成されたビタミンが使われているのです。
天然ビタミンと合成ビタミンの化学式は同じですが、体内での効果は異なります。

例えば、合成ビタミンCには、アスコルビン酸という成分しかないため、体内では吸収力が弱くなってしまいます。
そのため、天然ビタミンと同等の効果を合成ビタミンで得るためには、大量の合成ビタミンを摂取しなくてはなりません。

以上のことより、天然ビタミンやミネラルを摂取するためには、それらを豊富に含んでいる天然食品を食べる必要があります。

青汁には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
他に多くの栄養素も含まれているので、サプリメントのように一つの栄養素だけを摂り過ぎる心配もありません。

健康な生活を望むのであれば、毎日青汁を飲むようにしましょう。

あわせて読みたいコンテンツ

copyright 2011-2014 aoisiru.com(青い汁ドットコム) All Rights Reserved.