副作用

青汁の健康効果

青汁の副作用

青汁を飲むと、下痢や便秘、腹痛などの副作用が出る方がたまにいます。
しかし、これらの副作用には、きちんとした原因と理由があります。

吐き気・嘔吐・下痢

青汁を飲むと、吐き気・嘔吐・下痢などの症状が出る方がいます。

この原因は、急にたくさんの青汁を飲んでしまうことです。
水やジュースのように青汁をがぶ飲みするのではなく、青汁は急がずに少しずつ飲みましょう。
少しずつ体に慣らしていけば、このような副作用が出る心配はありません。

また、青汁の原料に農薬(有機リン酸・有機塩素剤など)が使われていると、吐き気・嘔吐・下痢などの症状が出る場合があります。
そのため、必ず無農薬と書かれている青汁を選ぶようにしましょう。

便秘

青汁を飲むと、便秘になってしまう方がいます。
この原因は、青汁を飲んだことで、消化が良くなりすぎた可能性があります。

便秘を解消するためには、青汁の飲む量を増やしたり、繊維質の多い野菜をたくさん食べるようにしましょう。
また、砂糖の摂取量を控えるようにすれば、自然と便秘は治るでしょう。

ネフローゼ

ネフローゼとは、腎臓の働きが悪くなり、尿に大量のたんぱく質が排出されてしまい、血液中のたんぱく質が不足する症状です。
ネフローゼになると、水分の摂取量が制限されてしまいます。

しかし、青汁は利尿作用があるため、飲んでも特に問題はありません。
心配な場合は医師に相談し、排出した尿と同じ量の青汁を飲むようにしましょう。

薬との併用

青汁は薬ではないため、他の薬と併用しても、相互作用で悪影響が出ることはありません。
反対に青汁は健康に良いので、薬と併用した方が良いでしょう。
薬の服用中に不足しがちなビタミン・ミネラルも十分に補ってくれます。

ただし、腎炎などで腎臓の機能が落ちている場合は、医師と相談して青汁を飲むようにしてください。

ステラの贅沢青汁
copyright 2011-2017 aoisiru.com(青い汁ドットコム) All Rights Reserved.